AMPとは?AMP導入のメリット・デメリット

AMPとは、Accelerated Mobile Pages の略で、モバイル端末でウェブページをすぐに表示するために、Googleが中心となって推し進めているプロジェクトです。

AMPって何?

AMP について #AMPlify キャンペーン スタート

Accelerated Mobile Pages は、読み込みを高速化しさらに快適なユーザー 体験を追求するため、さまざまな技術的手法を活用してコンテンツをほぼ瞬時に読み込めるようにした HTML ページです。

「Accelerate」は「加速させる」という意味ですし、「ユーザーのモバイル端末にできるだけ素早くコンテンツを届けること」が最大の目的となっているプロジェクトです。

参考|AMP公式ページ

https://www.ampproject.org/

参考|AMP紹介動画(公式)

AMPの効果とは?

「AMP対応しているという理由だけで順位が上がるわけではない。ただ、AMP対応しているページは瞬時に表示されるため、AMPはパフォーマンスの観点からランク付けに役立つ。」 とされています。

AMP will certainly help in ranking from a performance perspective, because those pages are lightning fast. But that does not mean that the ranking will be completely biased toward the AMP format. It will not.

AMPに対応したWebページは、ページ表示速度が高速であるため、AMPはパフォーマンスの観点からランク付けに役立ちます。しかし、検索順位がAMPフォーマットに完全に偏っているわけではありません。

AMP について #AMPlify キャンペーン スタート

近年、モバイルサイトにおいては、コンテンツが瞬時に表示されることへの期待がますます高まっていますが、実際には読み込みに数秒かかってしまうサイトも多いようです。読み込みに 3 秒以上かかると 40% の人がサイトの閲覧を諦める、という調査結果も決して大げさな話ではありません。

AMP対応するメリット・デメリット

メリット

  • ユーザーのストレス軽減
  • カルーセル表示されるので、記事を読まれる確率が上がる
  • 検索結果で、上位表示される可能性が高くなる

デメリット

  • 一部のデザインやコンテンツが表現できなくなる可能性がある
  • 通常のHTMLと、AMP HTMLを「2重」で管理が必要になる場合がある
  • 一部の広告タグしか利用できない

AMPへの対応方法

WordPressを使用して構築しているWebサイトであれば、プラグインを利用して、簡単にAMP対応することができます。 導入方法について、後日解説したいと思います。

AMP対応できているかチェックする方法

  • Google Search Console から確認する
  • ディベロッパーツールから確認する

導入方法について、後日解説したいと思います。

コメントを残す