HTTPステータスコードの原因と対策一覧

WEB制作をしていて、突然さきほどまで表示されていたページがエラーで表示されなくなると、頭の中が真っ白になりますよね。
そんな時に、あわてずさわがず対応できるよう、エラーの原因と対策を理解しておくと良いと思います!

ステータスコードの大まかな分類

エラーコードの数字は、それぞれ以下のようにおおまかなグループに分かれています。

  • 100番台:リクエスト処理中
  • 200番台:リクエスト処理成功
  • 300番台:リダイレクト
  • 400番台:クライアントエラー
  • 500番台:サーバーエラー

よくあるエラー

400 Bad Request

エラー内容
リクエスト自体を解析できない場合にでるエラーです。つまり「不正なリクエスト」を表すコードです。

原因・対処法

  • ブラウザか端末に、何か異常がある
  • 他のブラウザからアクセスしてみる
  • cookieを削除してみる
  • ウイルスセキュリティソフトのセキュリティレベルを下げる
  • 他のPCからアクセスしてみる

401 Unauthorixed

エラー内容
パスワードがかかっているWEBサイトで、パスワードの不一致や権限が無いなどの理由ででるエラーです。

原因・対処法

  • IDとパスワードが間違っていないか確認する
  • 時間を置いてからアクセスしなおす

403 Forbidden

エラー内容
外からのアクセスを禁止しているファイルへのアクセスをリクエストした時にでるエラーです。

原因・対処法

  • .htaccessを誤って設定している
  • サイトが非常に混雑している
  • ルートディレクトリに「index.html」「index.php」などのファイルがない

404 (File) Not Found

エラー内容
クライアントからのリクエストに対し、リソースが見つからなかった場合にでるエラーです。

原因・対処法

  • 該当する WEBページが削除されている
  • 該当するWEBページのURLが変更されている
  • URLの打ち込みorコピペミス

500 Internal Server Error

エラー内容
サーバー内部でエラーが発生した場合にでるエラーです。

原因・対処法

  • しばらく時間をおいてからアクセスする
  • .htaccessの記述に間違いがある
  • パーミッションの設定方法に間違いがある
  • CGIの負荷

502 Bad Gateway

エラー内容
ゲートウェイあるいはプロキシとして動作しているサーバーが、リクエストを実行しようとしたら、不正なレスポンスを受信した場合に出るエラーです。

原因・対処法

  • サーバーに問題がある(パーミッション、文字コードなど)
  • スクリプトにバグが発生している

503 Service Unavailable

エラー内容
サーバー過負荷により、一時的にアクセス不可となった場合にでるエラーです。

原因・対処法

  • サーバーのスペックを上げる
  • サーバー管理者へ連絡する

参考リンク

Wikipedia|HTTPステータスコード
wikipedia

コメントを残す