Mac で目に優しいブルーライトカット表示設定に変える方法【Night Shift / f.lux】

夜にPCやスマートフォンのディスプレイからブルーライトを浴びることで、眠りが浅くなるなどの影響があると言われているのは、PC用メガネの普及などもあり、広く知られていることだと思います。仕事上、長時間PCの画面を見続けないといけない方は多くいらっしゃると思いますが、Macならブルーライトカットの設定が簡単にできます♪
今回はデフォルトの機能である「Night Shift」とブルーライトカットアプリの「f.lux」の使い方をご紹介します。

Night Shiftの使い方

[左上のAppleメニュー] > [システム環境設定]を選択

[ディスプレイ]を選択

[Night Shift]タブを選択

NightShiftを有効にする時間と、ディスプレイの色温度を好みにあわせて設定すれば完了です♪

手軽にON/OFFする方法

一番右上の通知センターのアイコンをクリックすれば、手軽にON/OFFすることができます。2クリックで設定変更できるので便利ですね。

f.luxの使い方

Macでは、デフォルトで使用できるNightShiftで十分なので詳細の説明は割愛しますが、「f.lux」というブルーライトカットのアプリもあります。
NightShiftよりもブルーライトを大きくカットできるので(最大値までブルーライトカットすると、画面が真っ赤になります。)かなりカットしたい方はこちらを使って見てください。

PCのブルーライトを抑える! 無料ソフト「f.lux」の使い方
できるネット

さいごに

ブルーライトカットの設定をし始めてから、目が疲れにくくなった気がします。おすすめです♪

コメントを残す