photoshopで簡単にホクロを消す方法 【コピースタンプツール】

顔にあるホクロは人の魅力の一つですが、ポスターやWEBなどで大きく表示する際に、目立たないように消したくなる時もあると思います。また、吹き出物ができてしまった場合も、修正した方が良いですよね。そんな時に便利なのが、photoshopのコピースタンプツールです。

今回はこちらの写真を使用して、修正方法を説明します。

By pexel

[Step1] 新規レイヤーを作成する

写真をそのままレタッチしていっても修正できますが、できれば新しくレイヤーを作って、そのレイヤーにレタッチを加える方が良いです。それは、レイヤーにレタッチを加えることで、以下のメリットがあるからです。

新規レイヤー上に修正を加えるメリット
  1. レタッチが失敗しても、レイヤーを消すだけで元どおりにできる
  2. レイヤーを非表示にすることで、レタッチ前後の確認をすぐにできる

右下のシートのアイコンを押すと、新規レイヤーが作成されます。

ショートカットは以下の通りです。

新規レイヤーを作成

Windowsの場合
Shift + Ctrl + N

Macの場合
Shift + Command + N

レイヤーが作成されると、このような表示になります。

[Step2] コピースタンプツールを選択する

[ツール]から[コピースタンプツール]を選択します

[Step3] すべてのレイヤーを選択する

オプションバーの[サンプル]を[すべてのレイヤー]に設定します。

[Step4] ブラシの大きさを調整する

ブラシの大きさが、ホクロの大きさより少しだけ大きくなるように調整します。左上のアイコンをクリックすれば、ブラシの大きさや形を調整するウインドウがでてきます。

[Step5] ホクロのすぐ近くでサンプリングする

Optionを押しながら、消したいホクロの近くをクリックします

[Step6] ホクロをクリックする

カーソルをホクロの上に重ねると、ホクロが消えて見えると思います。そのままホクロがある位置でクリックするとホクロが消えます。

[Step7] うまくレタッチできたか確認する

レイヤーの表示/非表示をクリックすることで、レタッチ前後で写真を比較することができます。またレタッチがうまくいっていなかったら、レイヤーを削除してやり直すこともできます。

完成図を確認

ホクロを一通り消してみました。レタッチ前後を見比べてみてください。


以上です!

コメントを残す